水彩画を素敵に描ける3つのコツとは・・・

水彩画の美しい印象の絵や柔らかい雰囲気はとても癒されます。

自分でも水彩画を描きたくなります。

楽しい趣味の一つになると思うのですが、難しいのでしょうか?

絵の具を使ったのは中学生が最後だと思います。

と思って、色々ネットで調べていたら、短期間でプロのような水彩画が描けるDVDを見つけました。

DVDを見ながら、何度か同じ作品を繰り返し描いていると、徐々に見本と同じような仕上がりになるんです。

やはり、プロの技をまねて、コツさえつかんだら意外と簡単に描けるものですね。

教室に通ってもうまくなれない、自己流で描いているって人は、ぜひこのDVDを見てプロの技を繰り返しまねてください。

例えば、水彩画ではたくさんの色を重ねると、絵の具がにじんで混ざり汚くなります。

しかし、たくさんの色を重ねなくても、水彩画らしい透明感のある美しい絵を描く技があります。

これをマスターするだけでも、水彩画を続けてみようと思うようになります。

繰り返す期間によりますが、毎日のように同じ絵を描いていると、いつの間にか以前よりも上達しているのに気づくと思いますよ。

まず道具からそろえようとする人がいますが、そんなのあと回しでいいのです。

うまくなってから、絵具にこだわっていけばいいのです。

まずは水彩画を描く楽しみの方が先決です。

水彩画を上手に描くコツは次の3つです。

・上手な絵を真似してみる!

・これまで見逃していた部分に注目!

・まずは「上手な絵」を完成させる!

DVDでは、一流のプロの画家が、ノーカットで始めから終わりまで、一枚の絵を完成させるまでの工程を公開しています。

もちろん、解説しながらですので、とても分かりやすいです。

色の選び方、筆の動かし方を真似る、これを繰り返すのです。

自宅にいながら、しかも時間を気にせずにできます。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

水彩画の描き方・技法が学べるプロ直伝の動画に驚きの声が!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする