スマホにデュアルレンズを搭載するメリットは?

スマホのデュアルレンズとは、1台のスマホに2個のレンズがついているものをいいます。

ダブルレンズと呼ばれることもあります。

スマホに2個のレンズを搭載するメリット
1.ズームしたときに、画質が落ちるのを防げる。

2.繊細な写真が撮れる。

3.被写体のまわりをぼかした写真が撮れる。

スマホのカメラは、光学ズームができないので、ズームすると画質が落ちます。

しかし、例えば「広角レンズ」と「望遠レンズ」構成のレンズが搭載されていれば、遠くにある被写体をこれまでより鮮明に撮ることができます。

操作も簡単で、ワンタッチでズームの倍率を替えたり、被写体のまわりをぼかしたりできます。

背面にデュアルカメラ、フロントにもデュアル仕様にするスマホもあります。
 
 
デュアルカメラを搭載したスマホは普通になり、トリプルカメラを搭載するスマホも登場しています。

ファーウェイ製のスマホ「HUAWEI P20 Pro」などがその例です。

「HUAWEI P20 Pro」は、光学3倍ズームができます。
 
 
メーカーによって、レンズの組み合わせなどは様々ですので、自分がスマホでどんな写真を撮りたいかを考えて、機種を選ぶ必要があります。
 
 
ただ、高機能になってくると、よくわからないので高画質な写真が撮れればいいと思う方が多いと思います。

私もその一人で、ズーム、広角、夜間撮影が綺麗ならいいやと思います。

スマホはどこに向かっているのでしょう。

インスタ映え、SNS映えの流行にのっかっているのだろうか。

前回、スマホレンズを取り上げましたが、レンズを取り付ける必要がなくなりますね。
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする